電力自由化で契約の仕組みが大きく変化、乗り換え判断には見極める必要性が

電力自由化の規制緩和が進められています。

既に法改正が行われ、実際に多数の民間企業が新しく電力会社として参入しました。

皆が一度は耳にした事がある大企業も多数参入しており、実質的な独占的経営が行われた電力業界に新しい風が入り始めています。

電力自由化は誰にとっても新しいサービスであり、仕組みがなかなか分かりづらく、お得そうに感じていたも、未知の物だと妙に警戒してしまい、乗り換えを断念してしまうのが一般的な方々の心情かもしれません。

サービスの見極めが重要

電力自由化によって新規参入した企業が実際に電気を作り、送電線の工事を施す、という仕組みではなく、どちらかと言うとどの企業から電気を買うか、という観点で見た方が分かりやすいです。

電力自由化が起きた今でも発電と送電の主体は地方の大手電力会社のままであり、一般消費者としてはどの企業と契約を結び、どの電力プランに入るかだけを考えれば良いだけです。

要するに携帯電話の格安スマホサービスと似た感覚で電力事業者のサービスを見極める必要があります。

また家庭によっては絶対に新規参入の電力事業者に乗り換えれば節約効果が得られる、とは言い切れません

地域や暮らし方によってはあえて大手電力会社のプランの現状維持の方が月々の電気代が安いままになります。

ポイントが還元されると嬉しい企業、普段から応援したいと思っていた企業などでなければ、安易に乗り換える必要はなく節約効果が特に高いと感じられなければ、あえて現状維持をする選択肢も大事であり、見極める必要性が重要です。

電力自由化の料金比較を行い最適な電気事業者を選ぶ時に必要なことが参考になりました。