平成7年式のランドクルーザープラドの魅力とは

平成7年式のランドクルーザープラドの魅力とは?

それはなにか?

まず、その見た目。

中古車屋さんでみたときにその格好良さ、フォルムに一目惚れしました。

2インチくらいリフトアップされているのとフロントグリルが社外に交換されていて格好良さは倍増です。

そのため、乗った時の目線の高さが高いのです。

そのお陰で運転がしやすい

冬の雪山で車が来ているのか見えななかったのですが、目線が高いから、よく見えるのです。

SONY DSC

SONY DSC

知っておきたい、悪いところもあるということ

悪いところももちろんあります!

それは少しでこぼこのところを運転すると車がすごくゆれること、あと田舎道の道路とかでも結構ゆれます。

人によって酔う人もいるかもしれません。

2つ目として、当然燃費が悪いことです。

燃費はリッター6キロくらい。以前はフィットに乗っていて燃費リッター12キロ走っていたので半分くらいだから結構痛いところですねー!

遠出してもリッター8キロ行けばいいほうなんです。

このような車は燃費を気にしては乗られないですね、そもそも物好きな人が乗る車ですからね!

普段はFRなんですが、4WDにすると、とてもパワーがあります。

冬道でも埋まることはありません。

砂浜でももちろん埋まることはなく、スタックしている車をレスキューもできます、

トヨタ・ランドクルーザープラドを高く売りたい時はトヨタ・ランドクルーザープラド一括査定が参考になります。